暴力をやめよう?

2019-12-12
投稿先 随筆

民主主義を支持するが、暴力には反対!

よく見かける意見の一つとして、警察ではなく民主主義を支持するのはまだありがたいだが、もっと考えてみないのか?

例え街を歩いているあなた、突然一撃されたとしよう。助けてくれる人もいなく、相手はますます暴力になっているところ、あなたはどうするのか?いかに勝ち目がなくても、とりあえず反撃するよね。

ごく当たり前のことだが、 見える物理的な暴力より、世の中の常はいつも他にある。

見えない暴力


これは誰にも親しみのある暴力だろう。考えてみたら、申し訳ない気持ちもいっぱいのでは?

しかし、一番恐ろしいのは、その見えなさ。

物理的な暴力なら、目が自由であれば誰でも見える。通りかかる人でも一瞬で分かる。あなたも手を差し伸べるだろう。

が、見えない暴力の場合、気づかれにくいよね。他人事の場合はなおさら。すぐそばにいても、意識できない、意識できても具象化されていないため緊迫性を感じられない。(良質なメディアは具象化してくれるが)

そのとき、暴力にされる側はどうすればいいのか?

無力感があるよね。拳ならあるけど、見えない拳を持たないのも多いよね。

あなたは助けてあげなければ、いかに弱くても、物理的に反撃するしかない。

本当に当たり前のこと。

暴力を反対するなら、見えない暴力をも忘れないでください。

見えないものは恐ろしいパワーを持っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください