Google Stadia

2019-03-21
投稿先 随筆

今日Googleはマーケットにとって衝撃的なニュースをもたらした。

ネット環境さえあれば、サーバーサイドに頼んで計算をしてもらって、ゲームをするサービス。

任天堂とソニーの株は下落。

何が怖い?

だよね、近年、Googleが参入することが明らかにした瞬間、参入先の関係会社はみんな株下落した。Indeedもそうだった。Googleは怖いね。

任天堂は終わったのか?

自分はそうだと思わない。

Googleは何を発表したかというと、これまでのない高性能汎用性のあるプラットフォームだ。一見iPhone、iPodとかのように既存マーケットを覆すようなプロダクトだが、それは全く違うと思う。マーケットは本屋と考えれば、任天堂はもちろん自分が出版社(ハードウェアによるプラットフォーム)をやっているが、それを支えてきたのはまさに内容(ゲーム)だ。いかなる出版社でも、一流作家がいないと困る。一流作家であれば、自己出版も構わない。

これまでも数々のプラットフォームが誕生したので、今度Googleの新サービスも従来通り任天堂のプラットフォームの属性に影響を与えざるを得ないが、任天堂は自分の道を切り拓くことができると信じている。

任天堂しか開発できないゲームが欲しいお客様はこれからも必ずいる。任天堂もこれから生きていくだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください